OJT式PR塾の受講レポート アウトプット練習会 PR設計編

OJT式PR塾の受講レポート、今回は先日行われたアウトプット練習会の様子をお届けします。

OJT式PR塾のコンテンツには、

本講座

アウトプット練習会

夜間フォローアップ講座・練習会

メディア勉強会&交流会

PRプロデューサー資格試験

笹木郁乃 1:1個別コンサル

があり、みなさんが1年間を通して効率的、効果的に学んでいただくことを目的としています。

今回のアウトプット練習会も、そのひとつなんですね。

アウトプット練習会はこちらはワークを中心で行なっています。

もちろん、通常の講座内でもグループディスカッションの時間は設けているのですが、より、アウトプットの精度を高める狙いで、今回のOJT式PR塾ではじめて、アウトプット練習会を企画しました。

参加は任意なのですが、よりPRに対して力をつけてほしい。

そんな想いを込めています。

前回のZOOM講座で講義したテーマをより深めるためのアウトプット練習会です。

実は今までは、PR塾の同期生同士で自主的に集まって「アウトプット練習会をしましょう!」という呼びかけがあったりしたんですね。

しかし、受講生同士、仕事環境やプライベートの状況も違うので、なかなか集まりづらい。

ならば、その受講生の想いを、私たちが具現化しよう!

そこから、このアウトプット練習会を企画しました。

あえてのお昼の時間に設定

アウトプット練習会は12:00~13:30というお昼の時間に設けています。

なぜわざわざお昼の時間なの?

そう思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、経営者や会社員の方も多く受講されているOJT式PR塾。

お昼休みで、参加しやすい時間帯に、あえて設定させていただいたんです。

今回、参加していただいたのはやく40名近い受講生の方々。

記者役と広報担当役に分かれてグループディスカッション

今回は【PR設計】の重要な2項目をお題にして、ワークを行っていただきました。

実は今回、ワークしてもらったお題はPR設計の中でも重要な2つのポイント。

だからこそ、どんどん、自身の考えや、PRについてアウトプットし、グループディスカッションでフィードバックしてもらうことで、より、自分の考えが客観視されて、

「なるほど!」

「そんな考えもあるのか!」

という発見があるんですよね。

今回は1対1のディスカッションも多いので、皆さん緊張している様子・・・。

特に今回は、PR設計の根底に関わるテーマなので、自分の心の内を晒しだすのと同じ感覚なんですよね。

しかしながら、対面でグループディスカッションできるのも、ZOOMならではの強みでもあります。

忌憚なく、忖度なく、人の意見を聞ける。

これって実は、普段の日常、仕事場ではなかなか得られないOJT式PR塾の魅力でもあるなと思っています。

しかも、LITAのオンライン講義には強みがあります!

それは、チャットでガンガン質問しちゃっていい!

ということ。

講義と同時進行で講師である三木がチャットに張り付いていて、練習会と同時進行で質問に答えていきます。

すると・・・。

かなりの数の質問が流れてきます!

その質問、ひとつひとつに目を通しつつ、真剣な目つきで答えていきます。

そして。

今回はディスカッションに「ある設定」を設けさせていただきました。

「記者役」と「取材の依頼を受けた広報担当役」に分かれて、交互にディスカッションしてもらいます。

ちょっとした役作りも必要なので、グループワークのスタート時はちょっと恥ずかしそうな受講生のみなさん(笑)

でも、時間が経過してくると、慣れもあってなのか、演技に”ノリ”が入ってくるんですよね。

実は「記者役」もする、ってことも大事な要素で。

あえて「記者役」も経験してもらうことで、客観的に

「記者の方ってこういった説明を受けてるんだな」

「こうやって説明されるとわかりやすいな(逆にわかりにくいな)」

という視点を身に付けることもできるんです。

なかなか記者の方を意識することってないですから、これも貴重な体験なんですね。

このアウトプット練習会は月ごとにテーマを分けています。

参加するのは自由。

ですが、PRの精度を上げていきたい方々には、ぜひ、参加していただきたいです。





■ 笹木郁乃公式メールマガジン&無料講座

⬇︎登録で180分の動画講座プレゼント中!⬇︎

在宅でも「一生求められ続ける」0円PR術動画 全3本

https://pr-professional.jp/mailmagazine/

(8100名購読中 0円PR術メルマガ)