LITA MAGAZINE 全ての人・企業の可能性を開花させる PR情報メディア LITA MAGAZINE 全ての人・企業の可能性を開花させる PR情報メディア

受講生インタビュー

PR未経験から有名ファッション誌の掲載を獲得 ネイリストをしながらPRプロデューサーとして輝く-安田佳世さん

PR塾の受講生である安田佳世さんは、入塾前からネイリストと防災関係の事務局の仕事をしていました。昨年(2021年)10月にPR塾に入ってから、PRプロデューサーとしてPR代行の仕事をスタート。女性起業家で元在宅PR塾受講生の山田佳奈恵さんのPRを担当し、女性ファッション誌「In Red」掲載を獲得。

着実にパラレルキャリアを築いている安田さんに、「全ての仕事に生かせる」と語るPRのスキルの身につけ方や、これからの展望について話を聞きました。

Profile 

ホテル専門学校を卒業後、横浜のホテルに就職。退職後は子育てしながら眼科クリニックや飲食店、こども写真館など接客業に携わる。働きながらネイルスクールに通い、2013年ジェルネイル専門サロン開業。2017年に爪のお手入れ専門サロンに変更し、爪のお手入れとネイルチップのプロを養成するスクールを主宰。2021年10月よりPR塾にて学び始め、現在はPR会社代表(元在宅PR塾生)の広報PRなどを行っている。致知出版社「別冊 母」広報メンバーになりメディアPRチームのリーダーとしても活動中。20歳女子、18歳男子、16歳女子3人の母。

PR代行HP

 Facebook

スクールHP

ご自身の掲載紙

新卒でホテルへ入社 大好きだったネイルの道へ

―安田さんのこれまでのご経歴をお聞かせください。

ホテルの専門学校を卒業してから、横浜のホテルに就職して、ホテル内の日本料理店に配属されました。就職時の面接で、「どこに配属されたいですか?」と聞かれて、「一番忙しいところで働きたいです」と言ったんですよね。暇なのは向いていないんです。本当に忙しい毎日でした。

でも、実はホテルに就職する以前からネイルが好きで、ネイルについて学びたいという思いを抱いていました。就職してもネイルに対する思いは消えず、働きながらスクールに通って学びました。ホテルを辞めてからは、子ども写真館の着付けや、レストランのオープニングスタッフ、眼科の受付、ネイルサロン、スクールなど、ずっと接客業をしてきました。

―現在されているお仕事について詳しくお聞かせください。

在宅PR塾の元受講生でPR会社を経営している山田佳奈恵さんのPRと、自身が運営するネイルスクール(爪のお手入れとネイルチップ)、防災関係の事務局の仕事をしています。ネイルスクールは、オンラインと対面で講座を行い、自宅サロンで常連のお客様の施術をしたり、月1度レストランで出張施術も行っています。最近は、山田さんの会社がPR代行を請け負っている女性起業家さんのPRもお手伝いさせていただいています。

―安田さんは、さまざまな仕事を同時に行っているのですね。

はい、ただどの仕事もPRスキルが生かせると感じています。元々PR塾に入ったきっかけは、自分のネイルスクールの認知を拡大したいと思ったことでした。でも、防災関係の事務局の仕事でもPRをしますし、PR代行という新しい仕事もできるようになりました。入塾当時は思ってもいなかったキャリアが歩めています。 

PRを担当する山田佳奈恵さんの取材風景

自身のネイルスクールのPRのために入塾 PR代行も行うように

―PR塾をそのように知ってくださったのですか?

郁乃さん(株式会社LITAの代表取締役・笹木郁乃)の本を2冊とも読み、見よう見まねで実践していたのですが、うまくいかなかったんです。そんな時、郁乃さんのSNSのライブ配信で受講生の話を聞き、LINE公式やメルマガで三木佳世子さんの「プレスリリースセミナー」があると知り、応募しました。セミナーや講義の申し込みは久々だったことと、自分にとても必要だと感じ、応募する指先が震えました。

PR塾に入ってから、ご自身のスクールのためだけではなく、PR代行もしてみようと思ったそうですが、きっかけはありましたか?

入塾した月に、郁乃さんの個別コンサルを受けたんです。そこで、郁乃さんに、「美容業界はとても広く、メディア掲載を獲得するのが難しいから、まず防災の方で結果を出し、その後モニターを募集してPR代行をしては?」とアドバイスをいただきました。

―驚きませんでしたか?

防災関連の仕事について少し詳しくお話しすると、避難所の開設と運営をする人を育成する講座の事務局です。避難所の環境が悪くて、体調を崩す方も少なくないので、どのようにすれば避難する方々が安心し、少しでも快適に過ごせるか、ということをお伝えしています。郁乃さんから「“防災”は社会性があるし伝えやすいから、掲載される確率が高い」と教えていただいて、やってみることにしました。年内に掲載実績を作って、1月からモニターを募集するプランができました。

―なるほど、PR代行の道が見えてきたんですね!

ただ、それより先に私自身がネイリストとして『LDK』という雑誌に掲載されたので、それらを実績に、SNSでモニター募集することにしたんです。募集をしても反応がないんじゃないかと不安でした。すると、山田佳奈恵さんがモニター応募のメッセージをくれたんです!PR塾で有名な元受講生さんですし、「どうしよう?!」と思いましたが、モニター募集期間、山田さんにお返事を待っていただいている間に、心は「やるしかない!」と決まっていました。

PRを担当する山田佳奈恵さんの取材の様子

初めてのPR代行で3カ月以内に有名ファッション誌掲載を獲得

―思い切って引き受けられたのですね。

ちょうどPR塾の動画で「期待値を上げる」と郁乃さんがお話しされていたのを見た直後だったんです。自分のキャパシティーより少し上のことにチャレンジし、クライアントの期待値を越える努力をすることで、自分のスキルを上げていける、という内容です。それを見て、決意が固まり、すぐに山田さんと打ち合わせをして、アプローチを開始しました。

―初めてのPR代行は難しかったですか?

そうですね。どういった切り口で山田さんの魅力をお伝えするか悩みました。とにかく思いを伝えたいと考えて、紹介していただけそうな雑誌のコーナーを探して、約20社にお手紙を書いて送ってみたんです。そのアプローチから今回の「In Red」掲載が決まりました。他にラジオ出演の依頼もありました。

―素晴らしいですね!

2月にアプローチを始め3月末に取材のご依頼をいただき、4月初めに取材して頂いたので、3カ月のモニター期間に結果が出せたことになります。佳奈恵さんは、最初から「3カ月で結果が出るとは思っていないから」とプレッシャーを和らげてくれていたので、掲載が決まった時は、とても喜んでくださいました。今は山田さんのPRだけでなく、山田さんの会社が請け負っている女性起業家さんのPRもお手伝いしています。

―PR代行のお仕事も幅が広がっていますね!

そうですね、今はチームで仕事をする楽しさを感じています。女性起業家さんは山田さんと一緒にサポートしているのですが、たとえば、山田さんが新聞アプローチを担当、私がウェブのアプローチ担当となり、1日の終わりに、それぞれ何社アプローチしたか伝え合うんです。「1日でこれだけアプローチできた!すごいよね」ってお互いに励まし合ってチームで取り組むことができています。

PR塾での学びはいかがでしょうか?お忙しいと思いますが、講義は出ていますか?

本講義は皆勤を狙っています。アウトプット練習会にも毎月出席していますね。私には動画で学ぶより、生の講義のほうが合っているんですよね。分かりやすいし、生講義でしか見られない部分もありますよね。講義後の相談会は、質問があればしますし、なければしないで、郁乃さん、佳世さん、庄子恵理さんの3つの部屋を移動しながら、みんなの質問を聞いています。特に恵理さんの返答の内容や返答の仕方がとても参考になっています。

―その他PR塾のどんな点を気に入っていただけていますか?

入塾する前からSNSで郁乃さんを拝見していたので、情熱を持って講義をしてくださることを知っており、安心感がありました。入ってみると、女性を対象にした起業塾と違って、受講生に男性の方や法人の代表の方もいて、身内で仕事を回すのではなく、PR塾に塾生を囲うのでもなく、「しっかり学んでここから羽ばたいて」という雰囲気があり、私が求めていた講座だと感じています。

―安田さんの今後の夢や目標はなんですか?

PR代行をしっかり行うことです。自分のことを伝えるより、他の方や企業の事を伝える方が、言葉が出てきやすく私に合っていると感じます。まだ世の中に知られていないことをどうやって知られるようにしていくか、切り口を考えるのがとても楽しいんです。

また、PRは人に感謝される仕事なんだということも分かりました。山田さんからは、本当にもったいないと思うくらい感謝の言葉を頂いています。掲載されるだけではなく、その先の売上にもつなげていくと思うと、本当にやりがいを感じられます。先日PRプロデューサーの認定試験に合格したので、早速プロフィールに入れました!私個人としてもPRプロデューサーとしてもっと経験と実績を増やしていきたいです。

―安田さん、認定試験合格おめでとうございます!今後もご活躍を楽しみにしています。


■ 笹木郁乃 公式LINEステップ配信

⬇︎LINE登録で無料動画講座期間限定プレゼント中!⬇︎
在宅でも「一生求められ続ける」0円PR術動画 

全3本+特別動画2本 (260分)

https://pr-professional.jp/mailmagazine6

↑99%が知らないスキルを知りたい方、必見です!