時給で働くより、スキルを身に付け自分で稼ぐ!コロナ禍という時代の変化を感じPR塾へ。「お仕事斡旋」で確かな実績も獲得-大久保麻由実さん

大久保さん インタビュー

今回のゲストは、専業主婦から復職を考え始めたタイミングでPR塾と出会い、未経験からフリーランスでのPR業を始めた大久保麻由実さんです。PRという新たな世界に飛び込んだ動機とは?そして得られた成果と社会と繋がっている喜びについてお話を伺いました。

-Profile-

大久保麻由実

在宅PR塾2期生。6年の専業主婦を経て11月よりフリーランスPRディレクターとして活動中。また、未就学児3人の子育てにも奮闘している。

LITAの代表の言葉で「PRは私にもできる!」と確信。自分次第で仕事に繋がるという未来が見えた。

-大久保さんは専業主婦で3人のお子さんを子育てしながらPR塾を受けられたんですよね。そのきっかけはなんだったんでしょうか?

色々なタイミングが重なったんです。6年間、専業主婦をしてきたんですが、働きたい気持ちもあったんです。でも、子供もまだ小さいですし、できても月3~4万ぐらいのお小遣い稼ぎのパートかな…と思っていました。ところがそんな時に、コロナの流行が始まって、雇用も不安定になった。これからは雇用してもらって時給でお金を稼ぐというのも不安定な時代だし、自分でスキルを身に付けて在宅で仕事をしようかな、と思うようになりました。

-なるほど。そうだったんですね。

でも、私はスキルというものがなくて、自分に何ができるのかなって考えたんですよね。そんな時に、(株)LITAさんのFacebookのライブ配信で、笹木さんの存在を知りました。笹木さんは、仕事に本当に一生懸命で熱いし、「PRって私たちだけではできない。クライアントさんも一緒に目標に向かわないといけないんです!」というようなこともおっしゃっていて「すごい人だな」と。

その後、PR塾についてのライブ配信で「PR塾なら未経験でも、お仕事斡旋サービスで仕事に繋がる」「誰でもPRを仕事にできる」とおっしゃっていて。それが私にすごく刺さったんです。自分次第で仕事に繋がるという未来を見せてもらって、私でもできるかもしれないと思いました。

-笹木さんの言葉が大きかったんですね。

はい。笹木さんの言葉と姿勢。あとはPR塾の受講生の中で、実際に専業主婦でもバリバリ仕事をしている方を見て「本当に主婦でもPRを仕事にできるんだな」と。笹木さんと塾生のリアルな声が聞けて、「本物だ」「信じていい」と私の中で確信しました。

受講中でも「子どもがいる」状況を共有できる空気感はとても大きい。

-実際にPR塾を受けて、率直な感想を教えていただけますか?

オンラインでの受講でしたが、私は抵抗はなかったです。逆に子供がいるので、外に出て受講するより受けやすかったでですね。オンラインでも、受講生みんながすごく一生懸命で、取り組みがまじめで、学ぼうという姿勢をひしひしと感じました。

-特に在宅PR塾の昼コースは、お母さんが赤ちゃんを抱きながら参加されている方も結構いるので、仲間同士という意識もあるかもしれないですね。

そうですね。皆さん「お子さんがいても全然大丈夫ですよ」と言ってくれたり、優しく呼び掛けたりしてくれて、すごく嬉しかったです。それは、三木さんや笹木さんやLITAの方々にもお子さんがいるから。「子どもがいる」状況を共有できる空気感は大きいですよね。

-専業主婦をされていると、どうしても社会と隔絶してしまい、社会参加している意識がなかなか感じられないとおっしゃる方がいらっしゃいますよね。しかし、今回、PRを学んで、大久保さん自身も、社会との接点を持てるようになったと思うのですが、生きがいなどに繋がっていますか?

「世界が変わったな」と私は思っています。受講中は笹木さんや三木さん、同期の方など、いろんな仕事をしている皆さんと触れ合って、視野が広がりましたね。

受講後に得られた「確かな対価」と深まった「家族との絆」

-現在、PRのお仕事斡旋で実際に活躍されていますが、PR塾を受けて、具体的に結果に繋がっていますか?

PR塾を始めた当初に「3か月後の目標を決めましょう」というワークがあって、私は、「PRフリーランスとして仕事を1件獲得すること」と「友達や知人の仕事のプレスリリースを1件書くこと」を目標としました。それが今、2つともクリアできています。

-具体的な数字でなくても構わないのですが、収入面に変化はありましたか?

もちろん収入も増えました。しかも、自分の都合の良い時間帯で仕事をできるのが、やっぱりすごいことだと思いますね。スキルがあるからこそ得られた対価だな、と。

-大久保さんの人生にどのような変化がありましたか?

家族の絆が深まりました。今までは夫が一人で稼いでいるという感じだったんですけど、私にも収入が入るようになると、夫との関係も良くなって。「頑張ろう!」とお互いが刺激し合って、夫との絆が深まり、コミュニケーションがより良くなった気がします。

-主婦の方ですと自分で仕事を取ってくるという営業活動は難しい面もありますよね。そういう意味でも、LITAのお仕事斡旋は大きな意味がありましたか?

大きいです。私は、お仕事斡旋がなかったら受講していなかったと思います。「PRだけ学べます」みたいな塾だったら、学んだところで、仕事があるかどうか分からないし、フリーランスになる勇気も湧かなかったかもしれません。だからこそ、お仕事斡旋って、ありがたいサービスですよね。

-ありがとうございます。大久保さんのご活躍は、主婦の方に勇気を与えられると思います。

ありがとうございました!





■ 笹木郁乃公式メールマガジン&無料講座

⬇︎登録で180分の動画講座プレゼント中!⬇︎

在宅でも「一生求められ続ける」0円PR術動画 全3本

https://pr-professional.jp/mailmagazine/

(11000名購読中 0円PR術メルマガ)